腸内環境 サプリ

腸内環境を整えるには?

 

腸内環境のことについて考える場面というのはありますでしょうか。腸内環境というのはもちろん食事だったり、それ以外の生活習慣と非常に深い関わりがあります。つまり、生活している上で腸内環境について多少なりとも考える必要があります。

 

ではそもそも腸内環境を整えたいと思っても何をどうすればいいかわからないという方が多いと思います。そういう方の為に、何をどうすればいいのかについて説明します。

 

ただ、一日で出来ることについて説明しますが、最終的には長期的にしないことには改善していきませんので、一日に出来ることをその場限りではなく、続けるということが大切な事になります。何が出来るのかというと、食事に気を使う、水分を摂取する、適度な運動をする、しっかり入浴する、質の高い睡眠をすると言う事になります。

 

特に見るだけだといつもしていることで難しいこともないと思います。ですが、しっかりとしようとするとすごく大変です。食事は腸内環境にいい栄養素を取り入れる必要がありますし、水はどのくらい摂取すればいいのかを考える必要があります。

 

運動もやり続けるのは大変ですし、入浴もなかなか時間がなければ大変です。また質の高い睡眠が一番難しいものであり、色々とねる前に食事をしないお酒を飲まないといった制限もあって初めて質のいい睡眠にたどり着くということになります。

 

こういったことを意識してみて生活することによって腸内環境を整えるということにつなげられると思います。意識して続けてみることをオススメします。

 

腸内環境が良くなると美肌に

 

加齢によって肌の状態というのはどうしても悪くなっていきます。特に30代以降はエイジングサインなどに気付いてくる頃であり、例えば顔の疲れがとれない、たるみがでてきたといったようなことを気にするようになるでしょう。

 

そんな中で肌の悩みで多くの方が言うのが肌のくすみになります。やはりくすみができたら年齢も上に見られてしまいますので、出来るだけ美肌を維持したいと思うでしょう。

 

色々なスキンケア方法がありますが、実は腸内環境を改善することで美肌にすることができるということがあります。外側からのケアだけではなく内側からのケアもするようにしましょう。

 

腸とういのは第二の脳といわれているくらい複雑で多くの機能を持った身体の部位であり、免疫力や神経ホルモンの産生にも関わっています。しかし、一番大事な働きといえば栄養素の吸収と糞便の排泄でしょう。

 

腸内環境が悪化してしまうことにより排便機能に異常が出ることが多く、便秘になるということが多くなります。さらに排出されない上に有害物質が発生し、それが肌に悪いとされています。

 

有害物質は体内から血管を通って全身に運ばれてしまいますが、それによって体のあらゆるところに肌トラブルがあることはもちろん匂いにも影響します。こういったメカニズムについてしっかりと把握しておくようにしましょう。とにかく腸内環境というのは、腸内細菌のバランスというのが重要になりますので覚えておきましょう。

 

腸内環境が良いと免疫力が高い

 

腸内環境の悪化を放置することによってインフルエンザも引き寄せてしまうという報告があり、驚く方も多いと思いますが、そもそもどうしてそうなってしまうのでしょうか。その点について詳しく説明します。

 

まず、その前にインフルエンザについて理解していてもらいたいのですが、これはインフルエンザウィルスに感染して発症するものであり、症状としては高熱、筋肉痛、咳、痰などそれ以外にも全身に症状が出てきます。

 

健康であれば数日で改善されていきますが、人によってはインフルエンザから気管支炎や肺炎、さらに脳炎や心不全を引き起こしてしまうこともあります。感染力も非常に強いので集団感染をしてしまうということもあります。

 

では予防方法としてどういったものがあるのかというと免疫力を高めることであり、これは腸内環境を整えることが重要になります。また、腸内環境が整えば毒素を排出しやすくなりますのでそれも予防に影響してきます。

 

とにかくまず考えるべきことは免疫力を高めるという事になりますが、そもそも免疫細胞の7割は腸に集中しています。つまり腸内環境を整えるということが免疫を高めることにつながり、インフルエンザの菌も増殖が抑制されて発病しないということに繋がります。

 

そのためにはどうすればいいのかということになりますが、単純に善玉菌を増やすということが重要になります。善玉菌というのはヨーグルトなどの乳酸菌などを摂取することで増やす事が出来ますし、また、生活習慣を整えるということも重要になります。そういったことを常に考えてインフルエンザを予防するようにしましょう。

 

腸内環境を整える乳酸菌

 

乳酸菌が腸内環境を改善するという話を聞いたことがあると思います。乳酸菌というのはヨーグルトだったり、チーズだったりに含まれていますがこれらが腸内環境にいい影響を与えるというのはメディアなどでも非常によく聞く話だと思います。ですがどういう風に摂取すればいいのか、腸内環境の何にいいのかについて説明します。

 

まず、人間の大腸には多くの腸内細菌が存在しており、その数は100兆個もの最近だとされており、大小の群れを作って腸壁にあります。この腸内細菌の集合体を腸内フローラといって花畑のような見た目からこういう名前がつきました。

 

この腸内細菌に関して細かく分類すれば多くの種類が存在していますが、大きく分ければ善玉菌と悪玉菌と日和見菌になります。善玉菌というのは健康にいい影響を与えますし悪玉菌は悪い影響を与えます。そして日和見菌は腸内の7割を占めている細菌になります。これは前置きですが、この善玉菌の代表格とも言える菌が乳酸菌ということになります。またそれ以外にもビフィズス菌などもあります。

 

とにかく細菌のバランスが非常に重要であると言えます。悪玉菌がなかったりしてもまた問題になりますので、全ての菌のバランスがいいというのが理想になります。

 

ちなみに乳酸菌に関してですが、これは糖類を分解後に乳酸を生成する細菌のことを全て乳酸菌と呼び、さらに乳酸以外にも酢酸や酪酸といった有機酸の生成にも役立つということになります。

 

非常に多くの種類があり、あらゆるものに含まれていますが、摂取したいのでしたら食事からだけではなく、サプリメントなども活用してみてはいかがでしょうか。

 

腸内環境を整える漢方薬

 

昨今では腸内環境に対して関心を持っている方が多くいらっしゃいます。便秘や下痢を引き起こしてしまうと辛い上に気分も優れませんので腸内環境というのは全身の健康や精神面にも影響します。ですので健康を見直すという意味でも腸内環境について一度考えてみることをオススメします。あらゆる方法で腸内環境を改善することができますが、その一つが漢方になります。

 

漢方というのは即効性はありませんが、継続して服用することによって体質改善をすることができます。もちろん漢方にも種類がありますので腸内環境を整えるのにはどういった漢方がいいのかについて紹介します。

 

一つ目は人参湯という漢方であり、これは身体の冷えが原因で腸内環境が乱れているという場合にオススメの漢方になります。人参湯の効果は滋養構想、消化器官作用の促進、下痢改善、食欲不振改善といったものがあり、さらに胃腸機能の回復作用があります。

 

次に桂枝加芍薬湯がありますが、これは便秘にも下痢にも効果のある漢方になります。身体を温めたり、腹痛緩和の効果をしてくれる成分が配合されており、胃腸の弱いという方にとっては高い効果を発揮するものになります。ストレスを蓄積するという方にもオススメなので是非服用してみてはいかがでしょうか。

 

これ以外にも大黄甘草湯なども効果があるとされていますが、何よりも大事なのは冒頭でも言いましたが続けるということです。即効性はありませんので、とにかく続けることで効果を得ることが出来るでしょう。

 

腸内環境を悪くする食べ物とは?

 

腸内環境というのは健康にも非常に作用しているもので大事になりますが、食べ物によって腸内環境が悪化してしまう事実があることを知っていますでしょうか。正直、食事をして腸内環境と食事の関わりについてあまり考えないという方が多くいらっしゃるでしょう。

 

また、最初に伝えておきますが、適量でしたらどんな食べ物を食べたところで問題はありません。ただ過剰摂取してしまうことで腸内環境が悪化してしまう食べ物があります。それはどういった食べ物かについて説明します。

 

腸内環境を悪化させる食べ物の一つは肉類になります。肉類を大量に摂取すれば腸内環境は悪化してしまいます。肉類を過剰摂取してしまうと動物性タンパク質が取り込まれますが、これは腸内を腐敗させる作用があります。ですので腸内の状態が悪化していくということになります。さらに牛肉にはミオシンというタンパク質が含まれていますが、これは悪玉菌の餌になりますので腸内環境を悪化させます。

 

ただ、タンパク質というのは生きる上で人間に必要な栄養素にあんりますので適量を目安に食べるようにしましょう。次に、肉類にも言えることなのですが、脂肪の多い食べ物を過剰摂取することでも腸内環境のバランスが崩れてしまって腸内環境が悪化してしまうことに繋がります。

 

腸内環境が悪化すれば肥満、便秘、下痢、免疫力低下、アレルギー、その他あらゆる病気のリスクを高めることもあります。ですので、とにかく普通に食事をする程度ならかまいませんが、あまり過剰に食べ過ぎたりはしないようにしましょう。

 

おならが臭いのは腸内環境が悪いから?

 

トイレなどでおならをして非常に臭いという経験がある方も多いでしょう。またガスが蓄積されればお腹の膨張感が出てきますし、さらに圧迫感もあるので苦しくなることもあります。そしてこれらの症状は腸内環境が悪化している指標になります。これらは腸に出来るガス溜まりが原因とされており、これを抑制するにはどうすればいいのかについて説明します。

 

まず一つの方法が善玉菌を増やすというものがあります。そもそもガスが臭うのは肉を含めて動物性タンパク質が原因であり、これによって臭いの原因物質が生成されます。さらに発がん性物質でもありますので、出来るだけ失くすようにしましょう。善玉菌を増やす事で悪玉菌を減らせので臭いの元を減少させます。

 

次に改善策として植物性タンパク質を摂取するという方法があります。植物性タンパク質を摂取することによって動物性タンパク質を摂取する必要がなくなりますので大豆製品などから植物性タンパク質を摂取するようにすることをオススメします。臭いに関してかなりの改善が期待できるはずです。

 

そして最後が生活改善になります。ストレスを出来る限り溜めないようにしたり、質の高い睡眠をするように意識したり、適度な運動をするなど、生活習慣についてしっかりと考えるようにしましょう。生活習慣を整えることによって腸内環境も改善してきますので、それによっておならの臭いに関しても改善していくはずです。そもそもおならの匂いが酷い場合は腸内環境が乱れているということに気付くようにしてください。

 

 

更新履歴